障害年金を申請するにあたって

初めまして。何点かお聞きしたい点があります。

初めて精神科にかかったのが、H.26の1月頃でした。
そこでは重度社交不安障害(抑うつ状態を伴う)と診断され、投薬による治療を開始しましたが、なかなか改善が見られず、1年6か月が過ぎる手前のH.27の3月に自ら治療を中止しました。(病院に行けなくなった)
そこから自宅に引きこもり、H30の9月に今通院の病院(前医と違う)にて検査等の結果、自閉症スペクトラム障害の診断となり、前医で不安障害と診断がついたのは自閉症障害がベースにあり、社会不安の症状が出ていたと判断されました。

そして精神科ではないのですが、平成14年頃に過呼吸と腸閉塞手前の症状で、内科の病院受診の際に精神科の受診を進められていましたが、親の理解が得られなかったため、受診には繋がりませんでした。

こういった経緯があるのですが、区役所で障害年金の資料をもらいにいったところ、精神科にかかったH26の1月が初診日で、その後1年6カ月後の時点では、どこにも医療機関にかかっていなかったので、事後重症として申請してくださいと言われました。

今の医者からは自閉症スペクトラム障害なので、傷病の発生は生まれた時から(S60.5.19)で、予後は不良で生まれつきの障害のため、改善の見込みはないと診断されています。(詳しく遡ると幼少期から特徴があったため)

こういった場合、知的障害であると誕生日が初診日になりますが、発達障害も同じでしょうか?
また事後重症請求だと言われましたが、その請求で合っているのでしょうか?
その場合、遡及請求ができないと聞いたのですが、このケースの場合、遡及請求は可能でしょうか?
また20歳前傷病による障害基礎年金には該当しないのでしょうか?

もし今かかっている病院で1年6ヶ月通院してから、そこを初診日にし、障害認定日にした場合、遡及請求できるのでしょうか?

以上の点について、詳しく知りたいです。
(障害手帳は2級を所持しております。)

何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/03/12 23:01:35 投稿:tae

回答数 1件

小西一航

小西一航社労士

  • さがみ社会保険労務士法人
  • 神奈川県平塚市紅谷町11-14  林ビル3階

ご回答が遅くなり申し訳ございません。
結論から申し上げますと、役所窓口の方の説明の通りになります。

H26.1は重度社交不安障害(抑うつ状態を伴う)
H30.9は自閉症スペクトラム
後から発達障害が判明するケースでは、診断名の変更であり、
新たな疾病が発症したものではないことから別疾病とせず
「同一疾病」として取り扱います。
よって、自閉症スペクトラムの初診日はH26.1となります。

尚、知的障害の初診日は出生日となりますが、発達障害の初診日は
初めて医師の診察を受けた日となります。
障害認定日は20才誕生日又は初診日から1年6ヵ月後のどちらか遅い方となります。
障害認定日以後3ヵ月以内(障害認定日が20才誕生日の場合は前後3ヵ月)の診断書が取得できない場合(通院していない、カルテが現存していない等)は、原則として事後重症請求となります。

tae様の場合は事後重症請求となります。

宜しくお願い致します。




投稿日:2019/03/21 18:31:01

この質問に回答する

ニックネーム
質問への回答

注目の社労士

日野美喜生社労士
日野美喜生社労士
日野社会保険労務士事務所
大塚 涼二社労士
大塚 涼二社労士
大塚社会保険労務士事務所
藤井 啓司社労士
藤井 啓司社労士
藤井社会保険労務士事務所
熊岡政道社労士
熊岡政道社労士
マック社労士事務所
村田博社労士
村田博社労士
奈良中央障害年金相談センター
深川勤弘社労士
深川勤弘社労士
障害年金センター熊本(社会保険労務士ふかがわ事務所)
野中房代社労士
野中房代社労士
野中労務管理事務所

社労士回答数ランキング

小西一航社労士
回答数1位
小西一航社労士
横田眞治社労士
回答数2位
横田眞治社労士
深川勤弘社労士
回答数3位
深川勤弘社労士
田平篤史社労士
回答数4位
田平篤史社労士
野中房代社労士
回答数5位
野中房代社労士
小玉 崇社労士
回答数6位
小玉 崇社労士
熊岡政道社労士
回答数7位
熊岡政道社労士
日野美喜生社労士
回答数8位
日野美喜生社労士
北澤幸利社労士
回答数9位
北澤幸利社労士
石塚朋子社労士
回答数10位
石塚朋子社労士