社会保険労務士に依頼するメリット

社会保険労務士とは?

社会保険労務士(以下、社労士)は労働、雇用、年金などの手続き、相談に関するエキスパートであり、労働、保険諸法令に関する法律を取り扱う唯一のプロ集団(国家資格者)です。
既にご存知の方でも、企業の人事労務に関する手続きやコンサルタントとしての社労士をイメージされる方が多いと思います。しかし、最近では障害年金の相談や請求(依頼者と受付窓口の間に立って、用紙の取得、納付期間の確認、年金請求書や各種届出書の作成及び提出)など、個人へ障害年金の受給支援に積極的に取り組んでいる社労士も沢山います。

社労士を有効活用するヒント

障害年金は原則書類審査の為、請求に必要な書類を用意することができればご自身でも請求出来ます。手続きで分からないことは年金事務所に相談できます。ところが障害年金の請求手続きでは様々な障壁にぶつかり、手続きが進まないことがよくあります。

~よくある一例~
・年金保険料の納付要件を満たしていないことが判明した。
・最初に受診した病院にカルテが保存されてなく、初診日の証明が出来ない。
・主治医が障害年金に理解が無く、診断書の作成に協力してくれない。
・診断書に記載された病名が障害年金の対象外だった。
・厚生障害年金を請求するつもりだったが、役所から初診日は国民年金期間中だと言われた。

このような場合に年金事務所に相談しても解決することはありません。なぜなら、年金事務所は行政機関を代表している立場上、どうしてもマニュアルに沿った対応や通り一遍の答えしか出来ないからです。一方、社労士は依頼者の利益を最優先に考え、様々は角度から「どうやったら受給できるか」を検討し解決策を提案します。また、社労士は代理人となって依頼者の代わりに初診日を証明する書類を探したり、適切な診断書を入手する為、主治医に説明することも出来るのです。

つまり、社労士は依頼者とって最良のかたちで障害年金受給を勝ち取るための心強いアドバイザーです。

報酬はいくらくらい?

社労士に裁定請求の請求代理を依頼する場合、一般的に以下の費用を支払いうことになります。 あまり馴染みのない費用ですので、参考までに相場を記載しています。

着手金の相場

0~3万円
業務を遂行するにあたり、必要となる経費(郵送費、通信費、交通費など)を依頼者から受任の際にいただく費用です。通常は結果にかかわらず、返金はありません。

成功報酬の相場

①年金1.5~3ヵ月分、②初回振込額の5~20% ①、②のどちらか多い額(両方の場合あり)
多くの社労士事務所は成功報酬制を採用しています。成功報酬とは依頼者の年金支給が決定した場合にのみ報酬を支払う仕組みなので、不支給の場合の支払いはありません。依頼者の負担にならないよう、年金が実際に振り込まれてからの支払いになるのが一般的です。

実費の相場

診断書5千円~1万円、受診状況等証明書3千円前後
年金請求時に必要となる添付書類で医療機関に支払う費用です。この他に住民票や戸籍謄本の取得にかかる場合や、着手金0円の社労士事務所は別途経費(郵送費、通信費、交通費など)が必要なところもあります。

後々になってトラブルにならないよう、報酬や費用については事前にご確認いただき、ご不明点がある場合は直接、各社労士に聞いてみましょう。

社労士選びの4つのポイント

社労士検索すると多くの社労士が表示され、何を基準に選んでよいか迷ってしまうかもしれません。そんなときは、当サイトの一括相談機能で複数の社労士に相談してみることをお勧めします。相談の回答によって実力や人柄を見極め、依頼する社労士を決める参考にすることができます。以下チェックポイントをまとめています。

ポイント1回答スピードが早いかどうか。
メールで問い合わせをして24時間以内の返信、電話の折り返しも2時間以内であれば早いと言えます。細かいことのように思えますが、これらをクリアしている社労士はすべての業務においてスピードを意識して行動しているはずです。事後重症請求など請求方法によっては、月またぎになると1ヵ月分の年金を損させてしまうこともあり、対応のスピードは非常に重要です。
ポイント1相談、質問に親身になって耳を傾けてくれるか。
請求手続きにおいて障壁にぶつかった際、相談者の話を注意深く聞き、その発する言葉から解決の糸口を探し当てることもあります。その為、優秀な社労士は相談者が心を開き、リラックスして話をしやすくする傾聴力を身に着けています。しかし、傾聴力だけでは不十分です。解決の糸口を突破口にするには、踏み込んだ質問が必要です。社労士からの質問してくれるかも見ましょう。
ポイント1専門的な言葉は極力使わず、わかりやすく説明してくれるか
テレビによく出演されている予備校講師の林修先生やフリージャーナリストの池上彰さんは、難解な政治や国際問題でも専門的な言葉を使わずにわかりやすく説明する術に長けていらっしゃいます。「相手にわかってもらいたい」と思えば、自然と相手の理解度に合わせて言葉を選びながら話せるものです。そのような気遣いのある社労士であれば信頼関係を築くことが出来るはずです。
ポイント1費用を明確に説明してくれるか
相談者のほとんどは初めて社労士に依頼する方です。その為、依頼に必要な費用・料金についてわからないことも多いと思います。例えば「依頼時に支払う着手金はどのような事に使われるのか?」、「万が一、依頼した後に解約した場合は?」等、疑問に思ったら、遠慮なく直接聞いてみましょう。そのような質問にも丁寧に説明してくれる社労士を選びましょう。

これらのポイントを押さえた社労士なら、依頼者にとって最善の結果に導いてくれる可能性が高いです。ぜひ参考にしていただき、当サイトの一括相談機能を活用してみてください。

注目の社労士

日野美喜生社労士
日野美喜生社労士
日野社会保険労務士事務所
大塚 涼二社労士
大塚 涼二社労士
大塚社会保険労務士事務所
藤井 啓司社労士
藤井 啓司社労士
藤井社会保険労務士事務所
熊岡政道社労士
熊岡政道社労士
マック社労士事務所
村田博社労士
村田博社労士
奈良中央障害年金相談センター
深川勤弘社労士
深川勤弘社労士
障害年金センター熊本(社会保険労務士ふかがわ事務所)
野中房代社労士
野中房代社労士
野中労務管理事務所

社労士回答数ランキング

小西一航社労士
回答数1位
小西一航社労士
横田眞治社労士
回答数2位
横田眞治社労士
深川勤弘社労士
回答数3位
深川勤弘社労士
田平篤史社労士
回答数4位
田平篤史社労士
野中房代社労士
回答数5位
野中房代社労士
小玉 崇社労士
回答数6位
小玉 崇社労士
熊岡政道社労士
回答数7位
熊岡政道社労士
日野美喜生社労士
回答数8位
日野美喜生社労士
北澤幸利社労士
回答数9位
北澤幸利社労士
石塚朋子社労士
回答数10位
石塚朋子社労士